契約期間を確認する | 気に入った住宅を借りて満足ライフを送る【運命のお家ウォッチング】

気に入った住宅を借りて満足ライフを送る【運命のお家ウォッチング】

契約期間を確認する

敷金返還の時期には注意をする

賃貸借契約は、一般的に二年間という期間を設定して部屋を借りる契約のことを言います。 そのため、この期間を経過すると再契約をしない限りは自然と契約が切れて退去しなくてはいけなくなるのです。 賃貸借契約が切れて退去しなくてはいけないときには、当然敷金を返還してもらうことが可能です。 では、この敷金返還は一体いつの時期に行ってもらえば良いのでしょうか。 実は、賃貸借契約の敷金返還は退去してすぐに返還してもらえるわけではありません。 賃貸借契約が終わったとしても、全ての債務の清算が終わったとは限りません。 部屋の原状回復に関して使用しなくてはいけない部分があるのならばその清算があります。 そのため、返還時期に関してはいつになるのかを大家に対して確認しなくてはいけないのです。

返還時期を書面で約束させる

賃貸借契約に関する敷金の返還時期については、大家に書面で予め約束させておくことが最も効率が良いです。 これは、敷金に限らず預かり金全般に関して言えることだと言えます。 預かり金に関しては、返還しなくてはいけない旨は規定されていますがその時期に関しては明確な時期の指定が存在しません。 部屋を退去して次の住居のために家具を購入しようと考えても敷金から買えない事もあるのです。 このような事態を避けるためには、契約の段階で敷金の返還時期を詳しく書いてもらって書名と捺印してもらうことが大切になるのです。 こうしておけば、契約が切れた時にその証明書を提示することで特定の期間に返還してもらうことできます。 面倒なトラブルに巻き込まれないためにも出来ることはやっておきましょう。